プレゼントの達人になる為に

プレゼントを贈る達人になる為、そして、プレゼントを上手に受け取る為に、プレゼントノートを作る事をお勧めします。

プレゼントノート

プレゼントノート

上の写真は、管理人プレゼントソムリエの閻魔帳プレゼントノートになります。

プレゼントノートとは、簡単に言えば、曜日や年度が影響しない、永久保存版の記念日手帳になります。

因みに、私はこのプレゼントノートはいわゆるスケジュール帳を利用しています。

プレゼントノートとは記念日手帳

プレゼントノートの中身

上の写真は、管理人プレゼントソムリエのプレゼントノートの11月のページ。

大切な恩師や友人、お世話になった方や同僚の誕生日や記念日、そして命日などを記載しています。

そして、プレゼントノートの月のページから週のページへと移動すると・・・

プレゼントノートに何を贈ったかを記録する

プレゼントノートに記載したギフト備忘録

プレゼントノートの週のページには、例えば誕生日ならば何年生まれか、命日ならば何年に亡くなられたかを記載しています。

プレゼントノートの中身

そして、何を贈ったかも記録しています。

以前に何を贈ったかを記録しておくと、次回のプレゼント選びの参考になります。

プレゼントノートの中身の注意事項

そして、もしかするとこれが一番大切な事、気遣いになるのかもしれませんが、贈る相手の苦手なモノや趣味や嗜好、その人の好み、或いは家族との時間を過ごす日であるならば、誘ってはいけない日で有る事等、注意事項をメモしています。

例えば、お酒を飲まない方やコーヒーを飲まない方への贈り物には、言うまでも無く、それらの品は避けるべきです。

或いは友人や同僚の結婚記念日やお子さんの誕生日であるならば、それを口実に『飲みに行こうか!』と誘いたくなったりしますが、結婚記念日やお子さんの誕生日ならば、家族で過ごす大切な日になります。

また、仕事場やお付き合いの場では『子供の誕生日だから、早く帰りたい!』等は中々言いだせないモノ。

この小さな心遣いは、意外なほど喜ばれる気配りになります。

管理人プレゼントソムリエ管理人プレゼントソムリエ

本人も忘れてしまいそうな記念日に、お祝いの一言だけでもとても喜ばれる事が殆どです!

プレゼントノートに何を貰ったかを記録しておく

プレゼントノートに記録した引っ越し祝い

そして、プレゼントノートには、自分が何の記念日に何を贈られたかも記録しておきます。

自分が何を頂いたかを記録しておくのは、お返しの為も有りますが、何より!自分がその記念日に何か贈らなければいけない立場に立った時、何を贈れば良いか、そして何を貰ってそれがどれだけ役に立ったか等もしっかりと把握できます。

プレゼントノートのデメリット

これは、プレゼントノートのデメリットと言って良いのか迷いますが・・・時に、自分が何を貰ったかを記録していると、可愛がった後輩、面倒見たつもりでいた相手が『行方不明にでもなっているのか?』と思わずにはいられないというか、何というか・・・相手の非礼を認めたくない事に気が付く事が有ります。

まるで吉良上野介が『浅野内匠頭はあれだけ世話になった自分に何も無しか!!』と思った気持ちに賛同してしまいそうになる事もしばしば。。。

自分が礼儀知らず、恩知らずにならない為に!

自分への欠礼に気が付いた場合、勿論あまり良い気はしませんが、ですがそれは『自分は礼儀知らず、恩知らずとならない様に!』という自戒になります。

プレゼントノートの勧め

贈り上手、そして贈られ上手になる為に、お世話になった方や友人、同僚の記念日をメモし、自分が贈った品、そして自分が頂いたギフトを記録するプレゼントノートを作る事をお勧めします。

管理人プレゼントソムリエ管理人プレゼントソムリエ

前述の通り、管理人プレゼントソムリエはいわゆるスケジュール手帳をプレゼントノートとして利用していますが、これは毎年新しくする必要は無く、数年に一度、それこそ10年以上使えるノートになります。