皆さん、こんにちは。

絶対喜ばれる心のこもった贈物をご紹介する当サイト、プレゼントソムリエをご訪問下さり有難うございます。

管理人プレゼントソムリエでございます。

楽しい旅行の際の悩みと言えば・・・お土産が挙げられるかと思います。

楽しい旅行は勿論、実家への帰省等を含め、会社の同僚や友人、ご近所へのお土産に悩む事は多々有ります。

お土産の定義を述べるなら、お土産とは旅先などで購入し、家族や同僚、ご近所へ渡すその土地の特産品の事と言えるかと思います。

そして、その土地の名物といった食べ物ならば、日持ちや贈る相手の好みに思い悩み、名産品ならば贈る相手の趣味や置く場所等にも思いを馳せ、そして勿論!財布の中身も気になります。

因みに、管理人プレゼントソムリエは、お土産を買っていかないといけない義理の有る方プラスご近所さんには必ずお土産を購入しますが、比較的そこまででは無い場合は、旅先から絵葉書を書いて済ましている事も多々あります。

蛇足かもしれませんが、旅先からの絵葉書は、結構喜んでもらえていますよ!

そして、私は旅先だからこそ、旅先の景色が美しい絵葉書に、手書きでご挨拶・・・と思うのですが、メール全盛の時代ですから、旅先の写真をメールで送信するという方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際、私も旅先で撮ったという写真をメールで送って貰った事が何度かあります。

閑話休題、そんな皆が少なからず迷うお土産に関して、大変興味深いアンケート結果が公表されていました。

お土産選びで悩む方の参考になるかと思いますので、こちらでシェア、ご紹介したく思います。

以下、引用。

旅先のお土産、どうしてる?

 

18~69歳の男女1,502人に行ったお土産に関するアンケート調査によると、旅先で自分以外へのお土産を必ず買う人は半数で、その予算は4,800円だそうだ。

お土産選びのポイント

お土産選びのポイントは、「旅行先の名産や名物である」「味がおいしい」など。

お土産を渡す相手

お土産を渡す相手は、家族が最も多く82.2%、次いで友人(54.3%)、職場の同僚・上司(48.7%)の順。

お土産を買う時や渡す時に困る事

お土産を買う時や渡す時に困ることの筆頭は、「ありきたりなものでいいか迷う」こと。

他にも、自分が納得できるものがない、買ったお土産の数が足りなかった、などで困ったという人も。

自分用のお土産

自分用にお土産を必ず買う人も3割。自分に対する気遣いはなくても、お財布には気遣いが要る。こちらの予算は3,900円だった。

如何でしたでしょうか?

個人的にとても興味深かったのが、お土産を買う時に、ありきたりのモノでいいか迷う、という意見でした。

ネット全盛期の時代、ネット通販の普及で、何処にいても遠方のモノが簡単に手に入る上に、値段までもが簡単に調べられてしまうんですよね。。。

当サイトで何度かご紹介した話ですが・・・某ギフト店では、公式サイトへのアクセスが一年で一番多い日が3月14日のホワイトデーとの事。

これ、不思議に思いませんか?

3月14日はホワイトデーですが、ホワイトデー当日に、プレゼントを選ぼうとしても遅いのに・・・でも一年で一番アクセスが多い日がホワイトデー。

これは、実はホワイトデーのお返しを貰った女性が、自分へのお返しが幾らの品かを調べる為に起こる現象なのだそうです。

ホワイトデーのプレゼントを贈った男性からすると・・・

L(゚□゚)」オーマイガ!

ですよね。。。

お土産もネットの普及で渡すのが難しくなりつつあるなぁ・・・と思いつつ、私自身は旅先で絵葉書を書いています。。。