今も昔もちょっとした贈り物に利用される事の多いお茶

とは言え、若い方には、お茶を贈るというのは、何となく堅苦しさを感じたりもする品かもしれません。

ですが!和茶倶楽部から彩鮮やかで、オシャレなティーバッグのギフトが登場しました!!

和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】

上の写真が和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】になります。

こちらで和茶倶楽部の気持ちの伝わるティーバッグを詳しくレビューしたく思います。

とりあえず公式サイトを見てみたいという方はこちら⇒ティーバッグで想いを伝えるメッセージギフト専用オンラインショップ

和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】

和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】

改めまして、上の写真が和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】になります。

セットの内容

和茶倶楽部のティーバッグ3種ギフトセット【ありがとう】のセットの内容をご紹介しますと・・・

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

いつくしみの深蒸し煎茶(3g×3袋)×1

いつくしみの深蒸し煎茶(3g×3袋)×1

ととのいの浅蒸し煎茶(3g×3袋)×1

ととのいの浅蒸し煎茶(3g×3袋)×1

となっています。

ありがとうの深蒸し煎茶・金粉付き

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

こちらがありがとうの深蒸し煎茶・金粉付になります。

ティーバッグに『ありがとう』と浮かび上がっているのがオシャレですよね!

お湯を注いでみると・・・

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

この様な感じになります。

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

爽やかな感じさえも演出してくれています。

そして・・・

ありがとうの深蒸し煎茶(金粉付3g)×1

金粉を浮かべると、かなり高級感が出ます!

味に関してなのですが、実は!管理人プレゼントソムリエの細君の祖父母は茶道の家元で、細君はお茶の味が解る人でして、ここはあえて、ワタクシの感想では無く、お茶の味を利き分けられる細君の感想をご紹介しようと思います。

細君によると・・・『爽やかな香りで、甘味が有り、すっきりする喉越し。涼々しくシャキッとする。』との事です。

ととのいの浅蒸し煎茶

ととのいの浅蒸し煎茶(3g×3袋)×1

こちらはととのいの浅蒸し煎茶になります。

いつくしみの深蒸し煎茶

いつくしみの深蒸し煎茶(3g×3袋)×1

こちらがいつくしみの深蒸し煎茶になります。

それぞれお湯を注いでみると・・・

いつくしみの深蒸し煎茶とととのいの浅蒸し煎茶

この様な感じになります。

茶道の家元を祖父母に持つ細君によると・・・

『ととのいの浅蒸し煎茶は香りが良い。いわゆる緑茶の香りが漂い、そして口の中で深みが広がる』

との事。

『いつくしみの深蒸し煎茶は香りがとても良い!甘く優しい香り、オレンジ色の様な香りがする。味は、ほのかな苦さを感じるモノの、甘みも有り、抹茶の様な複雑な味。』と絶賛していました。

美味しいお茶の淹れ方

茶道の家元を祖父母に持つ細君によると、美味しいお茶の淹れ方は『お茶本来の旨味、香り、甘さを出す為には80℃位で淹れるのが良い。
100℃では苦みが出てしまい、60℃では旨味が十分に出ない。同じお茶でも淹れ方で味が変わる。高級茶でも温度に気を付けて美味しく入れないと、最高の味が出ない。』と薀蓄をたれていました。(何気に五か国語話せるマルチリンガルだったり、茶道の心得が有ったりと、身近にいるから気が付かないのですが、ハイスペックな細君なんですよね。。。)

そして、緑茶を飲むと身体が気持ち良い!スッキリする!!と喜んでいました。

これは、違いの解らない男のワタクシでも同意ですね!

お茶は今も昔も肩ひじ張らずに贈れて喜ばれる逸品なのだと思います。

和茶倶楽部のティーバッグギフトでは、お祝いやお礼の他、母の日といった季節のイベントに合わせた様々なお茶のギフトを提供しています。

ちょっとしたお礼やお祝い、また、母の日などでの両親、義父母への贈り物に和茶倶楽部のティーバッグギフト、お勧めです。

更に詳しくは↓↓公式サイトから↓↓

>>ティーバッグで想いを伝えるメッセージギフト専用オンラインショップ