ゴディバ(GODIVA)

バレンタインの決定版!

ゴディバ(GODIVA)のチョコレートのご紹介です。

ゴディバ(GODIVA)

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

世界最高峰のゴディバ(GODIVA)は、バレンタインギフトの決定版になります。

男性からすると、バレンタインにゴディバ(GODIVA)はやはり、嬉しい限りです。

本命にも義理チョコにもお勧めのゴディバ(GODIVA)。

この記事では、ゴディバ(GODIVA)を義理チョコとして上手に贈る方法もご紹介します。

是非!最後までお付き合い下さい。

とりあえず公式サイトを見てみたいという方はこちら⇒ゴディバ

世界で愛され続けるゴディバ(GODIVA)

ゴディバ(GODIVA)のゴールド コレクション

改めまして、上の写真がゴディバ(GODIVA)のチョコレートになります。

創業90年を超える老舗のチョコレート専門店

ゴディバ(GODIVA)は、ベルギーで1926年に生まれた、創業90年を超える老舗のチョコレート専門店になります。

ゴディバ(GODIVA)のロゴとブランド名の由来

ゴディバ(GODIVA)のロゴ

上の写真は、ゴディバ(GODIVA)のロゴになります。

裸の女性が馬に跨っているゴディバ(GODIVA)のロゴ・・・。

このゴディバ(GODIVA)のロゴには、ブランド名の由来となる、この様な感動話が有ったのです。

『ゴディバ』の名は、11世紀の英国の伯爵夫人レディ・ゴディバに由来します。

ゴディバのシンボルマークである、馬に跨った裸婦こそが、重税を課そうとする夫を戒め、苦しむ領民を救うために、自らを犠牲にした誇り高き彼女の姿です。

勇気と深い愛『レディ・ゴディバ』

領主レオフリック伯爵とその美しい妻レディ・ゴディバの伝説は、1043年、英国の小さな町コベントリーで生まれました。

レオフリック伯爵は、コベントリーの領主に任命され、この小さな町を豊かで文化的な都市へ発展させようと決意しました。

大変信心深かったレオフリック伯爵とレディ・ゴディバは、初めに大修道院を建設しました。

修道院はさまざまな宗教的、社会的活動の中心となり、この成功により伯爵の野心はますます燃え上がり、次々と公共の建物を建てては、領民から取る税を増やします。

あらゆるものを課税の対象とし、肥料にまで税金をかけ、領民は重税に苦しみます。

心優しいレディ・ゴディバは、貧しい領民にさらに重税を課すことがどんなに苦しいことか、伯爵に税を引き下げるよう願い出ました。

伯爵は断りましたが、彼女は何度も訴えます。

ついに議論に疲れた伯爵は、彼女に告げます。「もしおまえが一糸まとわぬ姿で馬に乗り、コベントリーの町中を廻れたなら、その時は税を引き下げて建設計画を取り止めよう。」

翌朝、彼女は一糸まとわぬ姿で町を廻りました。

領民たちはそんな彼女の姿を見ないように、窓を閉ざし敬意を表しました。そして伯爵は約束を守り、ついに税は引き下げられました。

『GODIVA』の名に込められた、チョコレートへの想い

ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに『ゴディバ』の名を冠しました。

以来、ゴディバはその愛の精神をチョコレートに込め続けています。

味わう人すべてを幸せで満たす芳醇な味わいは、人を思いやる深い愛を伝えます。ゴディバのチョコレートを味わうひととき・・・それは愛に満ちた時間です。

バレンタインの本命にゴディバ(GODIVA)の勧め

ゴディバ(GODIVA)

改めまして、ゴディバ(GODIVA)のチョコレートです。

女性がティファニーブルーに憧れ、プレゼントでティファニーブルーを手にした時に胸が高鳴る様に、男性にとってもバレンタインでゴディバ(GODIVA)を貰うというのは、とても嬉しい事。

バレンタインの本命チョコは、迷わずゴディバをお勧めします。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

義理チョコを贈らなければならない、例えばいつもお世話になっている既婚の上司とかにもゴディバ(GODIVA)はお勧めです。

バレンタインで既婚男性に贈る場合は、『いつも有難うございます。奥様とご一緒に召し上がって下さい。』といったメッセージを添える事で、スマートに贈る事が出来ます。

ゴディバ(GODIVA)を義理チョコで上手に贈る方法

ゴディバ(GODIVA)のクッキーとカレ アソートメント

上の写真は、ゴディバ(GODIVA)のクッキーと一口サイズのチョコ、『カレ アソートメント』になります。

我が家の嫁の義理チョコ

ゴディバ(GODIVA)のクッキーとカレ アソートメント

ゴディバ(GODIVA)のクッキーと、一口サイズのチョコ『カレ アソートメント』をそれぞれ1枚用意します。

ゴディバ(GODIVA)のクッキーとカレ アソートメントとメッセージカード

それにメッセージカードを用意し、そして贈る相手に一言、手書きのメッセージを添えて贈っています。

ゴディバ(GODIVA)義理チョコ用

それを小さな袋(因みに、毎年100均で用意しています。)に入れて義理チョコとして贈っています。

ゴディバ(GODIVA)義理チョコ用

義理チョコの場合は、誤解を招かぬ様にと、コンビニの板チョコ一枚に統一したりという方もいらっしゃる様ですが、上の写真の様に贈れば、明らかに義理チョコであり、それでいてゴディバ(GODIVA)ですので、喜ばれている様です。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

蛇足ですが、嫁の義理チョコ、ゴディバのクッキー1枚×一口チョコ1枚=約340円となります。

ゴディバ(GODIVA)

バレンタインギフトの王道、そして、ゴディバ(GODIVA)は誕生日や記念日のプレゼントにもお勧めです。

ゴディバ(GODIVA)について、更に詳しくは↓↓公式サイトから↓↓

>>ゴディバ