皆さんこんにちは。

『絶対喜ばれる心のこもった贈り物』をコンセプトに、様々なギフト商品をご紹介しているプレゼントソムリエをご訪問下さり有難うございます。

今回は、我が家で頂戴しましたギフト、ゴディバ(GODIVA)のチョコレートをご紹介します。

ゴディバ(GODIVA)




GODIVA(ゴディバ)~チョコレートギフトの王様~

ゴディバ(GODIVA)の箱

改めまして、上の写真がチョコレートギフトの王様、ゴディバ(GODIVA)のチョコレートの箱になります。

チョコレートのギフトと言えば・・・バレンタイン!

ゴディバ(GODIVA)のチョコレートを独身の女性から貰ったら・・・それはもう、本命チョコと判断しても良いギフトですし、女性も本命に贈るチョコレートブランドという認識で贈っていると思います。

管理人プレゼントソムリエ管理人プレゼントソムリエ

トリュフチョコ1個とかでしたら・・・義理チョコになるかと思いますが、箱入りのゴディバをバレンタインで贈った場合は、男性は確実に『本命!』と意識する筈ですので、女性陣も誤解を招かない様、ご注意あれ!

ゴディバ(GODIVA)というブランド名の由来

ゴディバ(GODIVA)のロゴは、一頭の馬に跨った裸の女性になります。

このゴディバ(GODIVA)のロゴに、ブランド名の由来が込められており・・・

「ゴディバ」の名は、11世紀の英国の伯爵夫人レディ・ゴディバに由来します。 「ゴディバ」のシンボルマークである、馬に跨った裸婦こそが、重税を課そうとする夫を戒め、苦しむ領民を救うために、自らを犠牲にした誇り高き彼女の姿です。

勇気と深い愛。「レディ・ゴディバ」

領主レオフリック伯爵とその美しい妻レディ・ゴディバの伝説は、1043年、英国の小さな町コベントリーで生まれました。

レオフリック伯爵は、コベントリーの領主に任命され、この小さな町を豊かで文化的な都市へ発展させようと決意しました。

大変信心深かったレオフリック伯爵とレディ・ゴディバは、初めに大修道院を建設しました。

修道院はさまざまな宗教的、社会的活動の中心となり、この成功により伯爵の野心はますます燃え上がり、次々と公共の建物を建てては、領民から取る税を増やします。

あらゆるものを課税の対象とし、肥料にまで税金をかけ、領民は重税に苦しみます。

心優しいレディ・ゴディバは、貧しい領民にさらに重税を課すことがどんなに苦しいことか、伯爵に税を引き下げるよう願い出ました。

伯爵は断りましたが、彼女は何度も訴えます。

ついに議論に疲れた伯爵は、彼女に告げます。「もしおまえが一糸まとわぬ姿で馬に乗り、コベントリーの町中を廻れたなら、その時は税を引き下げて建設計画を取り止めよう。」

翌朝、彼女は一糸まとわぬ姿で町を廻りました。

領民たちはそんな彼女の姿を見ないように、窓を閉ざし敬意を表しました。そして伯爵は約束を守り、ついに税は引き下げられました。

「GODIVA」その名に込められた、チョコレートへの想い

ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠しました。

以来、ゴディバはその愛の精神をチョコレートに込め続けています。

味わう人すべてを幸せで満たす芳醇な味わいは、人を思いやる深い愛を伝えます。ゴディバのチョコレートを味わうひととき・・・それは愛に満ちた時間です。

ゴディバ(GODIVA)のゴールド コレクション

ゴディバ(GODIVA)のゴールド コレクション

改めまして、上の写真が今回我が家で頂いたゴディバ(GODIVA)のチョコレート、ゴールドコレクション12粒になります。

ゴディバ(GODIVA)のゴールドコレクションは、なめらかな口どけと上質な香りのチョコレートが、スタイリッシュなゴールドのパッケージに詰め合わされたラグジュアリーな一箱になります。

実際、箱を開けた時に漂うチョコレートの香りは、甘いモノが大好きな人には堪らない瞬間でしょう!

そして、その味たるや・・・ゴディバ(GODIVA)が世界最高のチョコレートブランドとして君臨している事に納得の味となっています。

我が家でも大変美味しく頂戴しました。

有難うございました。

感謝を込めて

プレゼントソムリエ拝