ホワイトデーの贈り物

皆さん、こんにちは。

プレゼントソムリエをご訪問下さり、有難うございます。

さて・・・3月14日のホワイトデー!

当サイト内で、何度も解説してきましたが、バレンタインデーは世界的な行事ですが、3月14日に男性から女性に贈り物をするホワイトデーは、日本独自のイベントになります。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

蛇足かもしれませんが、バレンタインデーに女性から好きな男性にチョコレートを贈るというのは、これは日本独自のバレンタインになります。

当サイトでも何度かご紹介していますが、日本のバレンタインデーを紐解くと、昭和11年に『モロゾフ』が日本で初めてバレンタインデーの広告を出し、昭和33年に『メリーチョコレート』がバレンタインにチョコレートを贈ろうというキャンペーンを実施し、これが現在のバレンタインとなりました。

それ故、日本のバレンタインの生みの親は、モロゾフとメリーチョコレートになります。

参考⇒日本のバレンタインデーの歴史~モロゾフ説とメリー説を検証~

日本独自の風習のホワイトデーの起源は、昭和52年に、博多の老舗菓子店で有る石村萬盛堂が、自社のマシュマロ販売促進の為に『バレンタインデーの一か月後にマシュマロでお返しを!』というキャンペーンがホワイトデーの発祥とされています。

因みにそれ故、当初はマシュマロデーと呼ばれており、ホワイトデーのお返しの定番はマシュマロでした。

そんなホワイトデーの始まりに関して、石村萬盛堂・企画マーケティング室の増田洋氏が語っている記事を目にする機会が有りました。

日本のホワイトデーの始まりを紐解く、大変興味深い記事でしたので、こちらでご紹介、シェアしたく思います。

以下、引用。

ホワイトデーを発案した菓子店に聞く

3月14日はホワイトデー。

2月14日のバレンタインデーのお返しに、男性から女性へプレゼントを贈る日とされていますが、なぜ、ホワイトデーは3月14日なのでしょうか。

バレンタインデーのちょうど1カ月後ではありますが、実はほかにも候補日があったようです。

ホワイトデーの起源について、この日を日本記念日協会に登録した和洋菓子製造・販売の老舗「石村萬盛堂」(福岡市博多区)企画マーケティング室の増田洋さんに聞きました。

1970年代に「マシュマロデー」

Q.ホワイトデーは、石村萬盛堂会長の石村僐悟(ぜんご)さんが発案者とのことですが、詳しい経緯を教えてください。

増田さん「1977年、当時は社長でしたが、新しい菓子作りのヒントを得ようと少女雑誌をめくっていて『男性からバレンタインデーのお返しがないのは不公平。ハンカチやキャンディー、せめてマシュマロでも』という投稿を見たのがきっかけだそうです。

当社は昔から、マシュマロ生地で黄味餡(きみあん)をくるんだ菓子『鶴乃子』を製造していましたので、『男性から女性へマシュマロをお返しする日をつくれないか』と思い付き、1978年3月、『マシュマロデー』を始めました。

その7~8年後、百貨店から『マシュマロだけでなく、もっと幅広いお返しの文化にできないか』とお話があり、『マシュマロの白』にちなんで『ホワイトデー』となりました」

ホワイトデーは何故3月14日になった?

Q.なぜ、3月14日になったのですか。

増田さん「女性社員を集めた企画会議で、『バレンタインデー(2月14日)の日付を逆にした4月12日』『1週間後の2月21日』『1カ月後の3月14日』の3案が挙がり、地元の百貨店に相談したところ、『一番暇になる3月14日がベストやね』と言われ、決まったそうです」

Q.3月14日は暇だったのですか。

増田さん「3月中旬は、少なくとも菓子業界に関しては、ひな祭りと春休みの間で、売り上げが落ちる時期だった様です。流通関係全般もそうだったのではないでしょうか。ただ、現在は、うちはホワイトデーがあるので(笑)忙しい時期ですし、百貨店も昔とは事情が違うと思います」

マシュマロデーからホワイトデーへ

Q.「ホワイトデーは1980年に始まった」と書いてある国語辞典もあります。マシュマロデーからホワイトデーに変わった時期と違うようですが…。

増田さん「起源は諸説あります。『自分のところがスタートだ』というのは自由です。ただ、当社が最初に『マシュマロデー』を始めたのは事実ですし、『ホワイトデー』を日本記念日協会に登録したのも当社です」

Q.「お返しの日」を作った事に対して、男性から苦情が来たことはないですか。

増田さん「特に聞いたことは有りません。無いと思います」

Q.近年は、虚礼廃止などを理由に職場での義理チョコを禁じる「バレンタインデー禁止令」なるものも有ります。ホワイトデーに影響は無いですか。

増田さん「今年のバレンタインデーが、全体としてあまり盛り上がらなかったとは聞いています。例年、『職場でチョコを貰ったので、3月14日にお返しする』という男性も多かったと思いますので、ホワイトデーへの影響はゼロではないと思います。ただ、ホワイトデーは単なる『お返しの日』ではないと、私たちは思っています」

石村萬盛堂が考えるホワイトデー

Q.石村萬盛堂さんでは、ホワイトデーをどういう日だとお考えなのでしょうか。

増田さん「チョコを貰ったらお返しする、という事も大切ですが、『義理チョコを貰わなかったから返さない』ではなく、貰っていなくても何かを贈る事が有っても良いと思います。普段、身近な人に『感謝の気持ち』を伝える機会はなかなか無いですよね。ホワイトデーが、そんな感謝の気持ちを伝える日で有って欲しいと願っています」

如何でしたでしょうか?

ホワイトデーの候補日が、バレンタインデー(2月14日)の日付を逆にした4月12日という意見が有ったというのは、面白いですね!

もし私がこの企画会議に参加していたら・・・『4月12日をホワイトデーにする』という意見に票を入れていたかもしれません。

そして・・・ホワイトデーが感謝の気持ちを伝える日で有って欲しいというのは、賛成ですね!

社長から女性社員へのホワイトデーの贈り物

社長から女性社員へのホワイトデーの贈り物

上の画像は、私がお世話になっている取引先のツイーとなのですが、こちらでは、3月14日のホワイトデーの日に、全女性社員に社長からシュークリームのプレゼントが有るそうです。

これは毎年恒例の事で、女性社員は社長さんからのホワイトデーのシュークリームをとても楽しみにしているとの事。

その様な心遣いの日で有って欲しいですね!

ホワイトデーの贈り物にお勧めの逸品をご紹介します。




こちらの商品をお探しの方は、楽天市場がお勧めです。




こちらのページも是非!参考にしてみて下さい

プレゼントソムリエの関連記事

当サイト内の関連記事です。

人生の記念日のお祝い

誕生日のお祝い、就職祝い、結婚祝い、出産祝い、新築祝い等、人生の記念日を祝うプレゼントの選び方です。

暦の贈り物

年始の贈り物、成人式、バレンタイン・ホワイトデー、卒業・入学祝、母の日・父の日、お中元、敬老の日、お歳暮、そしてクリスマスという、一年を通しての暦のプレゼントの選び方です。

贈る相手別、お勧めのプレゼント選び

友人、好きな人、そして恋人。

贈る相手別にお勧めのプレゼントの選び方です。

贈りたい品物

プレゼントに多く利用される人気の品のご紹介です。

プレゼントソムリエール特選!女性視点でのおすすめギフト

プレゼントソムリエール

管理人プレゼントソムリエの嫁さん、プレゼントソムリエールが、女性視点でプレゼントにお勧めの品をご紹介します。