突然ですが、管理人は子供の頃よりずっっっっっ~~~~~~とアトピー性皮膚炎でした。

管理人が子供の頃は、アトピーは子供の病気とされており、管理人も主治医の先生より「大人になれば治るからね!」と言われ続けて思春期を過ごしたのですが・・・管理人が成人してもアトピーは一向に良くならず・・・。

そして、その頃から成人アトピーという言葉が浸透し始め、遂にはアトピーは子供の病気という定説は完全に消え去ってしまいました。。。

ステロイド外用薬

上の写真は、管理人に処方されているステロイド外用薬になります。

アトピーを患っている方なら・・・上の写真から管理人のアトピーが結構重症なのがお解り頂けるかと思います。

ステロイドの強さで言うとSTRONG=Ⅱ群のアンテベートが処方されています。

ところで、管理人は物心ついた時からアトピーで、人生をアトピー性皮膚炎を患いながら成長してきたので、皮膚から血が出ていたりするのは有る意味、日常の出来事なのですが、本人がアトピーでは無いのに、アトピーの赤ちゃんを出産したママはパニックに陥る様です。

何故ウチの赤ちゃんの肌は赤く炎症を起こしているのか?

実は先日、管理人の義妹が出産したのですが、義妹の赤ちゃんがまさにアトピーっ子だったのです。。。

親族で唯一のアトピー患者、しかも重症の私に「ウチの赤ちゃん・・・肌が赤いんだけど、アトピーかしら・・・。」という絶望感が半端ないメールと写メを送信してきて、私からは「とにかくお医者様でないと診断は出来ないから、お医者様に診てもらって!」と助言し、そして実際にアトピー性皮膚炎の診断が下るや・・・まるで職を失ったかの様な悲壮感で一杯になっていました。

これは、管理人の周りのアトピーの友人を見ていて思うのですが、本人がアトピーで、そして子供もアトピーという場合は、自分の体験がバックボーンに有るが故に、ママも気持ちにゆとりを持って子供のアトピーと向き合える様です。

ですが、前述の通り、パパママがアトピーでは無いのに、生まれてきた赤ちゃんがアトピーの場合は、驚きとショックで右往左往してしまう事が多い様です。

管理人の子供の頃を思い返しても・・・アトピーでは無かった管理人の母は、私のアトピーを不憫に思ったのか、アトピーの名医が居ると聞くと私を連れて行き、そしてアトピーに良いという話を聞くと、それを私に試していました。

アトピー歴40年以上の管理人の体験を申し上げますと・・・

アトピーは現代の医学では完治は不可!

一番良いのはお医者様の指示に従う事!!

とは言え、年単位(それこそ管理人は人生を皮膚科に通い続けて過ごしています。)で通院しても、一向に良くならないアトピーで、不安に陥ってしまう自身がアトピーでは無いママの気持ちも良く理解できます。

因みに、お医者様の診断に従い、お医者様の治療方針に沿ってアトピーを治療するという前提の下ですが、家で出来るアトピー対策というと、保湿になります。

あくまで一般論なのですが、お母さんのお腹の中にいる間というのは、どんなアトピー体質の人でもアトピーが発症する事は無いそうです。

そして、身体の皮膚という部分ならばどこにでも発症するアトピーですが、唯一、腋の下だけは、アトピーが発症する例は極めてまれとされています。

これは、常に潤っているからアトピーが発症しないそうなのです!

ママのお腹の中にいる間は、羊水の中にます。

そして、腋の下は人間の体の中で最も汗をかく部位の一つで、常に湿っている部分になります。

それ故!ママのお腹にいる間はアトピーが発症する事が無く、そして腋の下はアトピーの発症がまれな部位なのです。

つまり、肌の保湿は非常に有効で、副作用の無いアトピー対策となります。

今回は、先日管理人がアトピーの赤ちゃんを出産した義妹にプレゼントした保湿クリームとしても使えるUVクリームをご紹介します。

UVクリーム【MAM&BABY】

とりえず公式サイトを見てみたいという方はこちら⇒⇒⇒天然成分100%のUVクリーム【MAM&BABY】

UVクリーム【MAM&BABY】

UVクリーム【MAM&BABY】

上の写真は、アトピー性皮膚炎や敏感肌用の化粧品を長年にわたり開発してきた皮膚科医と東京薬品工業株式会社が共同開発した天然成分だけでつくったUVクリーム MAM&BABYになります。

MAM&BABYは「MAAs(マース)」という天然成分だけでつくったUVクリームになります。

MAAs(マース)とは?

MAM&BABYの主成分となるMAAs(マース)、耳慣れない単語ですが、こちらは魚や海藻類に備わっている天然のアミノ酸になります。

そして、MAAs(マース)に期待出来る効果が保湿効果とUVカット

実は、MAAs(マース)はこれまで30年以上も研究され、この間200本以上の論文が発表されてきたモノの、抽出が大変困難な成分で、身体に良い成分と注目されてきた成分ながらも、手にする事が不可能な成分でした。

ですが!東京薬品工業株式会社はやってくれました!!

淡水の綺麗な水質にだけ生息する藻類からMAAs(マース)の抽出に成功!

開発に8年かけて、MAM&BABY UVミルクを誕生させたのです!!

勿論天然成分100%で完全無添加!敏感な赤ちゃんの肌に負担を掛ける様な成分は一切配合されていません。

今回、義妹が自分の子のアトピーに悩んでいるのを目の当たりにし、少しでも気持ちが楽になってくれれば・・・とMAM&BABY UVミルクをプレゼントしたのですが、贈る前に実際、我が家で管理人と細君で試してみました。

UVクリーム【MAM&BABY】

上の写真は、MAM&BABY UVミルクを出した所です。

UVクリーム【MAM&BABY】

この段階で、ほのかに爽やかな香りが漂ってきます。

例えるなら天然ハーブの様な爽やかな香り・・・。

そして・・・

UVクリーム【MAM&BABY】

MAM&BABY UVミルクは良く伸びます!

UVクリーム【MAM&BABY】

ベタつかず、肌がしっとりとする感じでどんどん伸びます!

UVクリーム【MAM&BABY】

ほんの少し出しただけで、前腕全てカバー出来てしまいました!

UVクリーム【MAM&BABY】

しかも、日焼け止めにありがちな白浮きも無し!

UVクリーム【MAM&BABY】

上の写真は、MAM&BABY UVミルクを塗った後の手なのですが、塗ったことが解らない程に肌に馴染んでいる事がお解り頂けるかと思います。

本当に、保湿クリームの様な付け心地です。

しかも、お湯で簡単に洗い流せるのです!

MAM&BABY UVミルクを塗り終えた後は、サラッとした感じで、簡単に洗い流せて、ちょっと驚きな位でした。

日焼け止め・・・というよりも、保湿クリームを塗っている感覚で、それでいて紫外線もしっかり防いでくれるのですから、肌が薄くてバリア機能がデリケートな赤ちゃんには嬉しい限り(の筈)です。

実際、管理人の義妹はMAM&BABY UVミルクを実際に我が子に使った後に

有難うぅぅぅぅ

。’+:゚嬉シ+.。゚(●ノω`o)゚.+:。泣キ+゚:.’。

これ、凄く良いよ~!!

と、むせび泣いて嬉し泣きをしていました(やや大げさ)

出産祝い、アトピーの赤ちゃんを持つママにMAM&BABY UVミルクのススメ

前述の通り、本人がアトピーでは無いのに、アトピーの赤ちゃんが生まれたママというのは、気持ちにゆとりがなくなり、わらにもすがる思いで玉石混交の情報ばかりを収集し、時にはかえってアトピーを悪化させてしまう事も多々ある様です。

管理人も一度見た事が有るのですが・・・炎天下の下、赤ちゃんの日焼けを防ぐためであろう、ベビーカーに乗った赤ちゃんの肌が、目と鼻を除いてすべて白い布の様なモノで覆われていて、熱さの余り赤ちゃんが泣き叫んでいた事が有りました。。。

汗をかくのが下手の赤ちゃんは、どんなにか苦しいのでは・・・と思ってしまいました。

MAM&BABY UVミルクは、肌の事を考えたUVクリームで、紫外線をカットするだけではなく、肌の保湿も担ってくれます。

アトピーの赤ちゃんを持つママへのプレゼント、出産祝いに、アトピー性皮膚炎や敏感肌用の化粧品を長年にわたり開発してきた皮膚科医と共同開発されたMAM&BABY UVミルク、お勧めです!

MAM&BABY UVミルク、詳しくは↓↓公式サイトから↓↓

>>天然成分100%のUVクリーム【MAM&BABY】