オリーブジュース100%オイル『キヨエ』

お中元やお歳暮の定番の品と言えば、今も昔も『油』

油はどの家庭でも必ず使う調味料ですので、実用的なお中元やお歳暮の品となります。

今でもお中元やお歳暮のシーズンには、催事場に様々な油の詰め合わせが並びます。

ですが、油に対する意識も高まってきており、油に拘る方も増えています。

かく言う我が家でも、油には拘ってオリーブオイルを使っています。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

管理人プレゼントソムリエは、ライザップに通っているのですが、ライザップで推奨されているのもオリーブオイルになります。

今回は、味と素材に拘る方に特にお勧め!

料理の腕に自信のある方には最高のギフトとなるオリーブオイル、キヨエをご紹介します。

キヨエのオリーブオイル

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

最近、CMなどでも良く目にするオリーブオイルのキヨエ。

道場六三郎氏がキヨエを紹介するCMを目にし、『一度使ってみたい!』と思っている料理に一家言有る方は多い事でしょう。

『使ってみたい!』と思っている品を貰うのは、とても嬉しいモノ!

キヨエを贈る事をお勧めする理由の一つです。

とりあえず公式サイトを見てみたいという方はこちら⇒純度100%の高級オリーブオイル【キヨエ】

オリーブジュース100%オイル『キヨエ』

オリーブジュース100%オイル『キヨエ』

改めまして、上の写真がオリーブジュース100%オイル『キヨエ』になります。

ギリシャ産のオリーブオイル

ギリシャ産のオリーブオイル・キヨエ

オリーブオイルの産地と言えば、ヨーロッパではイタリア、スペイン、そしてギリシャになります。

いずれの国も自国のオリーブオイルに誇りを持っており、自国のオリーブオイルこそが最高のオリーブオイルと愛着を持っています。

そして、キヨエはギリシャ産のオリーブオイルになります。

キヨエの特徴

和食に合うオリーブオイル・キヨエ

ギリシャ産のオリーブオイル・キヨエの最大の特徴は、和食と合うという事。

これは、我が家でキヨエを使っていての見解、あくまで私見ですが、冷や奴を最高に美味しい食べる方法が、キヨエを使う事だと思っています。

キヨエと冷や奴

キヨエと冷や奴

上の画像は、キヨエと冷や奴です。

オリーブオイルのキヨエは、冷や奴の最高の薬味になるのです!

冷や奴を美味しく食べる方法

キヨエと冷や奴

世界一美味しい冷や奴のレシピ

・豆腐(木綿、絹ごし、どちらでも良。個人的には、木綿を押します。)

・刻んだシソ

・生姜のすりおろし

・塩少々

・キヨエ

ポイントは、塩を使う事!

これで、世界一美味しい冷や奴が出来上がります!!

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

醤油と合わせても美味しいのですが、醤油と合わせると、醤油の味が前面に出てしまう感じで、冷や奴の場合は、塩と合わせた方が絶対にお勧めです。

オリーブオイルのキヨエをかけた冷や奴は、非常にまろやかな味わいです。

オリーブオイルをかけた冷や奴は、とてもオシャレに見えるので、お客様が来た時に出しても相応しい一品です。

冷や奴にオリーブオイルのキヨエ、お勧めです。

パンコントマーテ

パンコントマーテ

実は、独身時代にスペインに駐在していた事の有るウチの嫁さん。

そして、スペイン人が拘るのがオリーブオイルなのです。

嫁によると、スペインではオリーブオイルが完全に主流だそうです。

そんなスペイン人のソウルフードとも言うべき料理がパンコントマーテ。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

因みに、パンコントマーテとは、『パン with トマト』の意味になります。

パンコントマーテの作り方

我が家でもよく朝食で食べていますが、非常に手軽で、そしてとても美味しい一品です。

何より!オリーブオイルを知り尽くしたスペイン人のソウルフードですので、こちらでパンコントマーテをご紹介したく思います。

フランスパンにガーリックを塗る

フランスパンにガーリックを塗った所

先ずは、フランスパンにガーリックを塗ります。

トマトを載せる

ガーリックを塗ったフランスパンにトマトを載せた所

ガーリックを塗ったフランスパンの上にトマトを載せます。

オリーブオイルを掛ける

ギリシャ産のオリーブオイル

そして、その上にオリーブオイルを掛けます。

パンコントマーテの完成

パンコントマーテ

最後に好みで塩を軽く降り、パンコントマーテの完成となります。

パンコントマーテの味

スペイン人のソウルフードのパンコントマーテを一口食べてみると・・・

ウ,ウマ━━━Ψ(°д°;!)━━━!!

こんな簡単な料理なのに・・・

メチャメチャ美味しい!!

こっ・・・これがスペイン人のソウルフード・・・

( ✧Д✧) カッ!!

無敵艦隊の秘密、パンコントマーテに有り!!

パンコントマーテのレシピは、パンにガーリックを塗ってトマトを載せてオリーブオイルを掛けるだけにも関わらず、とても美味しいのです!

これがスペイン人のソウルフード・・・。

スペイン人は、常日頃から上質なオリーブオイルを食べているのでしょう!!

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

嫁さんとたまに行くスペイン料理のお店は、前菜にオリーブオイルを掛けた生ハムが出るのですが、これが絶品に美味しいんです!

グルメの方がオリーブオイルを喜び、一家言を持つ事も納得です。

キヨエとパスタ

キヨエを使ったパスタ

和食、スペイン料理ときたら・・・

やはりイタリアンですよね!笑

実は、ウチの嫁さんは、一年のうち2ヶ月程を出張でイタリアに行ってる人、イタリアで過ごしている人になります。

そして、言わずもがな!

イタリアもオリーブオイルの国になります。

パンコントマーテがスペイン人のソウルフードなら、イタリア人のソウルフードはアーリオオーリオとの事。

こちらで、嫁がイタリアで学んで来たアーリオオーリオをご紹介します。

アーリオオーリオ

キヨエとアーリオオーリオ

アーリオオーリオのレシピ

・唐辛子(半分)

・にんにくすりおろし(大さじ1)

・オリーブオイル(大さじ1)

・パスタ

アーリオオーリオとは、アーリオ=にんにく、オーリオ=オイルの意味だそうです。(5カ国語話せるウチの嫁ちゃん。。。)

作り方は、多めの塩でゆでたパスタに、オリーブオイルで炒めた唐辛子とにんにくすりおろしを辛め、仕上げにオリーブオイルをかけただけ!!

スペイン人のソウルフードのパンコントマーテも簡単レシピでしたが、イタリア人のソウルフードのアーリオオーリオも非常に簡単レシピです。

そして、その味はというと・・・

雑味が無いのに深い味わいで、シンプルでありながら非常に美味しいです。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

この様なシンプルな料理だと、特に素材の良さが解りますね。

キヨエの香りと旨味を堪能できるパスタでした。

ウチの嫁さんは、キヨエを使っていくつかパスタを作ってくれましたが、私はこのアーリオオーリオが一番美味しいと思いました。

キヨエを使った創作パスタ

キヨエを使った創作パスタ

キヨエを使った創作パスタのレシピ

・唐辛子(半分)

・にんにくすりおろし(大さじ1)

・オリーブオイル(大さじ1)

・豚の挽肉120g

・トマト(1個)

・塩

・こしょう

・パスタ

キヨエを使って、嫁さんが作ってくれた創作パスタです。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

因みに、名付けるなら『フレッシュトマトと豚挽肉、オリーブオイルのパスタ』だそうです。

フレッシュトマトを使った創作パスタは、肉の脂がたっぷりながら、さっぱりとした味で、トッピングに添えられたバジルとミニトマトとも合い、中々の美味でした。

キヨエを使ったガーリックライス

キヨエを使ったガーリックライス

ガーリックライスのレシピ

・にんにくすりおろし(大さじ1)

・オリーブオイル(大さじ1)

・塩(少々)

・白米

最後に、残ったご飯、冷めたご飯を世界一美味しく食べられるガーリックライスをご紹介したく思います。

実は、こちら帝国ホテルのレシピになります。

オリーブオイルでニンニクのすりおろしを炒め、そこに冷たいご飯を入れるだけ!

仕上げに塩で少し味付けするだけで、極上のガーリックライスの完成です。

プレゼントソムリエプレゼントソムリエ

私見ですが、冷や奴、パンコントマーテ、アーリオオーリオ、そしてガーリックライスの様なシンプルな料理ほど、美味しかったです。

如何にオリーブオイルのキヨエが美味、上質かがお解り頂ける料理は、シンプルな一皿がお勧めです。

キヨエのオリーブオイルの勧め

キヨエのオリーブオイル

前述の通り、油は今も昔も御中元や御歳暮の定番の一品になります。

キヨエのオリーブオイル

キヨエのオリーブオイルは勿論!ギフトにお勧めの逸品です。

プチギフトにもお勧め

プチギフト用の包装をしたキヨエ

上の画像は、100均で買ってきた紙袋とキヨエになります。

この様なちょっとした紙袋に入れれば!

立派なプチギフトになります。

お世話になった方への御礼の品として、或いはグルメな方や料理に自信の有る方には、誕生日プレゼントなどにもお勧めです。

キヨエのオリーブオイルに関して、詳しくは↓↓公式サイトから

>>キヨエ